読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣き叫ぶ幼稚園児にかけるコトバを持っているか?

手紙を隠すなら状差しの中に。 といわれるように、幼稚園児が幼稚園内で泣き叫んでも誰も気にしない。 でもそこが、夕方6時過ぎの、平安通駅から小牧駅へと向かう名鉄小牧線となると、話は別であります。 「かえる〜かえる〜こいずみえきにかえる〜」 水色…

オレたちにはオレたちのドラマがある!高齢者の叫びが聞こえる「やすらぎの郷」がヤバイ

出演者の平均年齢70歳から80歳ぐらいだし、登場人物ほとんどがタバコぱかぱか吸うし、立つか座るかの動きしかしないし、なんだか笑っちゃうニックネームで呼び合うし、現実社会で離婚したふたりがハグしあうし、あああの人のこと言ってんのかなというヤバイ…

著作権フリー!WEB時代のネーミングはこれだ!

3月30日名古屋市港区に、 「Maker’s Pier メイカーズピア」がオープンしました。 www.makerspier.com 「レゴランド」よりこっちのほうが気になりますが、まだ行っていません。 どんな店が並んでいるのかとサイトを覗いてみたら「teniteo shop」なるものがあ…

人工知能との正しい付き合い方「忖度力を身に着けよう」

例えばCM制作の現場で。 「いや、別にそうしろって言ってるわけじゃなくひとつの情報としてね」という前置きのあと、「社長はビートルズが好きなんだよね」と、広報担当者や代理店の営業さんが口にすることがあります。 そうなると、BGMの選曲にビートルズ風…

『行って帰る』場所はやっぱり地元なのか?

何名(何組)かの、いわゆる素人さんに出演していただくCMの撮影が2日間ほどありました。ある商品(サービス)があることで、地域に暮らす人たちがイキイキとつながり合っている、というもので、老若男女いろいろな職業、いろいろな立場の方々に、一言二言づ…

「山田孝之のカンヌ映画祭」の芦田愛菜ちゃんに習う正しいアウトプット法

カンヌ映画祭で賞を獲りたい。そのためにはどうすればいいのか。 俳優山田孝之の、そんな思いをドキュメント(?orドラマ)で追いかけている「山田孝之のカンヌ映画祭」が、テレビ愛知の深夜枠で放送されています。 www.tv-tokyo.co.jp 賞を獲るため依頼され…

人工知能との正しい付き合い方〜「出川哲朗を見習おう」

何食べる?と聞かれた。 「僕はうなぎ」と答えた。 とか、 「こんにゃくは太らない。」だから安心です。 とか、 日本人同士で普段通じ合っているこんな文章のことを、「うなぎ文」「こんにゃく文」というそうです。 最近精度がぐんと高まったと噂の、Google…

人生は「劇場」だということに改めて気づかされました。又吉直樹「劇場」を読んで

演劇人が主人公だから「劇場」というタイトルだと思っていたけれど、いやいやそんな単純なものではなかった。 「第2図書係補佐」「東京百景」「火花」「夜を乗り越える」とずっと読んできて、さっそく「劇場」を。 一気読みの凄まじさ。えぐられました。 新…

橋がぐらんぐらん揺れ出す前にすることがある

ずっと気になっていた雑誌があります。中国で発行されている、日本を紹介する「知日」という雑誌で、2011年の創刊から最新まで40号ほど続いています。 知日 なぜ中国人は、日本が好きなのか! 作者: 毛丹青,蘇静,馬仕睿 出版社/メーカー: 潮出版社 発売日: 20…

「ラ・ラ・ランド」6部門受賞の今こそ見るべきミュージカル

不覚でした。おそらくこんな内容なんだろうなと知った気になっていて、だから、今さらいいや、と遠ざかっていました。 細切れに触れてきた記憶から勝手な想像が創り上げられていて、なぜだかその映画は、いつかどこかで観た映画リストの隅っこで冬眠状態とな…

女性部下を持つ男性上司よ、サムを知ってるか

男性の多くは、サムのことを知らない。サムがどれだけ猛烈なパンチを女性たちに繰り出しているかを想像できない。 サムについて言葉に出来ず、もしも言葉にしてしまったら、今までどおり仕事を任せてもらえなくなってしまうのでは、仕事を犠牲にしてしまうの…

名古屋のプレミアムフライデーは、これだ!

え、明日からプレミアムフライデーだってぇ?笛吹いてどんだけ踊るか知らないけれど、名古屋でもやるの?名古屋は同じことやっちゃダメでしょ。 名古屋は限定で「プレミアムえびフライデー」にして、魅力ゼロ都市からの脱却を図らなくちゃ。 それにしても、…

うちのネコの技に名前をつけてみたけど、いつでも襲ってこい、のウエルカムだねネコはやっぱり

こんな本が出たそうで。 「のら猫拳」ですと。 withnews.jp のら猫拳 作者: アクセント 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション 発売日: 2017/01/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る まあ、なんともネコってやつは人生を楽しませてくれ…

3冊同時読み作戦大失敗の巻

トイレ、電車、仕事の息抜きと、シチュエーションごとに本はいつも2〜3冊同時に読んでいます。頭ん中がごっちゃにならないよう、なるべく異なるジャンルを組み合わせています。 最近の組み合わせがこれ。 東海テレビ取材班のノンフィクション「ヤクザと憲法…

ステキな孤立 小松左京「アメリカの壁」を読んで

ベトナム戦争で疲れきったアメリカのことを、40年前、小松左京はこんなセリフで表現していました。 「アメリカってのは躁鬱型文明で、躁期が終わって、鬱病期にはいったのかも知れん」て。 トランプ時代を予言していた!とかで急遽発売となった「アメリカの…

川端康成様、あなたはいくつ花の名前を知っているのですか?

【別れる男に、花の名を一つ教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます。】 (川端康成『掌の小説・化粧の天使達・花』より) 白髪のオールバックの神経質そうなおじいさん、というビジュアルしか浮かびませんが、若い頃の川端康成はどこかダルビッシュに似て…

昭和の心優しきナンパ学生たちよ、「ラブアタック」は竹取物語だったのね

40代から50代の方々よ、関西ローカルで始まり、のちにネット放送となった「ラブアタック」という番組を覚えているだろうか。 毎回かぐや姫と呼ばれる女性(多分女子大生)が登場し、そのかぐや姫への愛の告白権利を得るために、数名の男子学生がいくつもの過…

「夫のちんぽが入らない」書店で買うかネットで買うか問題

ここ数年の自分の本の買い方。 情報はネットで収集。ウィッシュリストに登録 →店頭で中身を確認&その他の本をチェック →今すぐ要る!はその場で購入 →それ以外は、緊急性と経済状況に応じてAmazon/Book off OnLine/メルカリ/図書館それぞれからその時々適し…

「お元気で」と去っていく人がいた巨大画材店〜ドキュメント72時間

「さようなら」「失礼します」「ほんじゃ」「また」「バイ」「ありがとうございました」 相手との関係にもよりますが、人との別れの挨拶といえばこんな感じかな。 知ってはいるけれど、めったに耳にすることも口にすることもない挨拶にこんなのがあります。 …

「沈黙」を読み直したら傑作だった。

原作をはじめて読んだのは10代で、当時は全くその良さがわかりませんでした。で、スコセッシが撮るということでン十年ぶりかに読み直したら、ぶったまげました。こんなにも刺さる傑作だったとは。 特に「転ぶ(棄教)転ばない」のやりとりが始まる中盤以降の…

新海誠は100パーセントの女の子を見つけたのか

「君の名は。」を観終わった後、なんか引っかかるものがあって、その正体はなんだろうと記憶の端っこを探してみたら、ああ、ありました。 村上春樹の初期の短編に「四月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」というのがあります。 10…

義侠を味わう 物語を味わう

酒を呑んだ。名古屋在住のアメリカ人と酒を呑んだ。その酒の名は「義侠」という。 What does “Gikyou”mean? と彼に尋ねられた。むずかしい。自分のボキャブラリーに義侠の英訳はない。こういう時は翻訳アプリだ。 「義侠」→「Heroism」と出た。英雄主義か、…

生前退位と3年半後の東京オリンピック・パラリンピック

最近インバウンド関連の仕事〜海外の方々に日本の魅力を紹介系〜が増えてきて、先日もタイ・インドネシア・ベトナムで流すCMの制作がありました。 そのナレーション録りのとき、読んでいただくタイ人女性ナレーターがちょっと悩んでいる様子を見せていたので…

スタンダードになるであろう「この世界の片隅に」は今見ておくべき一本

konosekai.jp 監督の片渕須直さんが言っています。 「『ローマの休日』がワイラーの映画だと思う人は世の中にどれくらいいるだろうか。でも、『ローマの休日』はオードリー・ヘプバーンの映画だ、みんな知っている。映画ってそういうものなんだ。 『この世界…

鳳来寺にて山頭火気分でつぶやいてみる

その石段は、1425段あるといいます。 「登るべきか否か」 まだ陽が昇りきらぬ朝7時、登り口で迷う私の横を、リュックを背負った若者らがすりぬけ、軽やかに山の奥へと消えていきました。 石段を覆い尽くす鬱蒼とした樹々は、自堕落で不摂生な人間は来るな、…

おやじも楽しめるコスメ体験「naoriなおり」in 愛知は奥三河東栄町

♪~みんな外国へ行くのね 独身貴族ね 彼と私だけ残され 肩すくめたのよ~♪かつて岩崎宏美が「夏に抱かれて」という曲でこう歌っていました。 外国はもちろん、いいですが、まだまだ日本国内には知っているようで知らない素敵なところがいっぱいです。 そう、…

派手なハロウィン地味なハロウィン地味なほうにヒントがある

先週末はずっと編集の仕事でスタジオにこもりっきりだったのでおかげさまでというか残念ながらというかゾンビやマリオやピカチュウに遭遇することもなかったのですが、 ニュースとかで見るハロウィン騒ぎにはああ共にはしゃげる仲間がいるっていいなという嫉…

中国青年が上野オープンテラスで出会ったものとは

中国は北京で、書体デザイナーをしている青年がいます。彼の部屋には、日本のビールの空き缶が大量に飾られています。日本のビールは季節ごとにデザインや書体を変えるなど、彼の仕事にとても参考になるからです。 デザイン、という点で日本には興味はあった…

1992年のボブ・ディランに教えてもらった「どれだけ」への対処法

「へぇ〜ボブ・ディランがノーベル文学賞」 同世代でもなくそれほど心酔していたわけでもないから、一報を聞いても、風に吹かれて飛んでしまうほどの感慨でした。 でもこんな自分にも、過去一度だけかなりボブ・ディランを意識した時期がありました。 1992年…

志布志市「うなぎ少女」動画削除の背景にあった(かもしれない)いくつかのこと。勝手な想像ですが。

最近の動画は予備情報なしで見ることはほとんどありません。紹介記事や配信先情報や添えられたちょっとしたコピーとかで、それが何についての動画なのか、な〜んとなくは、想像ができます。 だからこの動画も、「うなぎ」「少女U」、水着姿の少女の顔に「養…

2020東京オリンピック開会式はこうなる!とおもしろいな

来年の話をすると鬼が笑う、てなことを申しますが、では、4年後の話をすると誰を笑わせちゃうのか。 ま、4年も先のことですからいま何を言って4年後には誰も覚えちゃいません。思う存分笑ってやって下さい。 8月リオ五輪閉会式での東京へのハンドオーバー演…

名称未設定のままじゃダメなんだ

アプリを使って新しくフォルダを作ると、そのフォルダには「名称未設定」という名前がデフォルトで与えられます。今までそのことになんの疑問も持っていなかったのですが、この前おもしろい話を聞きました。 英語圏の人が作ったライティング用アプリ〜例えば…

年とるっちゅうことはな、奇跡を見せる資格がつくっちゅうことなんや

「今でしょ」のあの人が教えているTハイスクールの映像授業。 生でなく、映像授業でモチベーションや集中力が保てるのだろうか、勉強が身につくのだろうかと、昭和のど真ん中で受験を戦ってきたオヤジは疑問を感じちゃったりするのですが、いやいやどうして…

参院選投票日にたかだかさかざか問題を考える

「た」だと思っていたら「だ」だった。 「ざ」だと思っていたら「さ」だった。 選挙なんてカンケーないとか言う18歳以下にも、もれなく襲いかかる「たかだかさかざか問題」 「た」か「だ」か「さ」か「ざ」か? 全国の福田さん原田さん高田さん山崎さん、あ…

あいつは雨男だから絶対雨が降るって、その能力あったら選挙に活かそうぜ

オープンロケの日が近づいてくると、スタッフ間でこんな論争が繰り広げられます。 「あいつは雨男だ雨女だ」論争です。 ◯◯がカメラマンの時は絶対雨が降る!△と□がいっしょになると雨になる。 けっこう真剣に具体的な例をいくつか挙げて「やっべえなー今度の…

世の中の出来事は誰かの大きな手の平の上で起きている

日本の某広告会社の中国支社には「敏感日カレンダー」なるものがあると聞いたことがあります。 そのカレンダーには、反日的な行事が予定されているなど日本に関する出来事がニュースや話題になるかもしれない日が書き込まれています。 日系企業が広告や商品…

ゼロ・グラビティにゼロはいらない~あまちゃんとの強引な関係

映画館で3Dメガネかけてタイトルが出てくるまで、ずーと「ゼロ」ありが原題だと思っていました。なのにスクリーンのタイトルには「ZERO」がなかった。そうか、原題は「GRAVITY(重力)」なのか。重力か無重力か、このタイトルの違いはおおきいぞーと身構えな…

「ふるカフェ系 ハルさんの休日」に週一回まったりと。

去年の夏に2回だけ放映されて「なんだ終わっちゃたのか残念」となっていた「ふるカフェ系 ハルさんの休日」の新シリーズが4月から始まっています。 単なる古民家カフェの紹介番組でしょ、なーんて見る前から「ンでしょ」と切り捨ててしまう人は見なくていい…

人生で大切なことはすべてヨーグルトから学んだ〜戦うべきは当たり前依存症という「リスク」

泊まりのロケのとき、夕食後にコンビニに寄るのが習慣化しています。いけませんねコンビニってのは。 ついつい普段買わないものを買ってしまいます。 例えば夜中お腹すくといけないからとスニッカーズとかね。 で、その日はパック入りの固形ヨーグルトを買い…

倉敷中央病院実技試験がめっちゃ面白いのは試験内容なのか伝え方なのか

ユニークな実技試験✕スペシャルな世界観での撮影と演出→バズ。 倉敷中央病院トライアウト動画が面白い。 KURASHIKI CENTRAL HOSPITAL | SURGEON TRYOUTS 試験そのものの面白さもさることながら、その伝え方にひと工夫あるから「話題」が生まれる、という見習…

人生と成長における車線的なもの

クルマ関係の仕事に必要で、1950年代から60年代にかけての日本の古い資料映像をまとめて見たことがあります。 面影のあるあの街や面影のないこの街を、今ではもう見ることのないクルマがとろとろ走っていました。 で、ふと気づきました。 あれ、車線がない道…

ウォーホルとマウントレーニアに影響を与えたかもの、だらすけさん

1962年お忍びでこの地を訪れたアンディ・ウォーホルは、店先に並ぶ「御岳百草丸」から発想を得、あのポップアート「キャンベル・スープ缶」を、クリエイトした。 なーんてことはまるでない。 が、「キャンベル・スープ缶」を思い出さざるを得ないほど見事に…

代わり映えのない日常に文句がいえる日常のなんとありがたいことか〜オール熊本映画「うつくしいひと」に思う

地方創生を特集した雑誌「Discover Japn 2016.4月号」(もうすでにバックナンバーですが) インバウンド、移住、仕掛け人、クリエイティブ、場作りなど、どの記事も興味深く付箋だらけとなってしまっています。 そんな記事のひとつに熊本がありました。監督…

マチュピチュに行ってきた。但し、岐阜は恵那市の岩村町

「つい最近なんですよ、知られるようになったの。ずっとここにあったのに」 GoogleのCMにも登場した兵庫県の竹田城跡のことを、サントリーBOSSのCMで満島ひかりがこう言っています。 行ったことないですが写真で見る限り、標高354mの雲海に包まれたその光景…

桜を見ると想い出すドキュメンタリー「津波そして桜」~桜を見て語るコトバを持てないちいさな自分

「桜」という字をじっと見ていると、背の小さな女性があまり乗り気じゃない男性を「ねえ花見に行こうよ~」と誘っている風に見えてくるとか。 同じものでも、ある人にとっては違うものに見えてくるから不思議です。 普段は近所の川沿いか図書館前の桜しか愛…

真剣なはずなのになぜか笑ってしまう悲しきゴリラ訓練をなんとかしたい

まだお目にかかったことないけれど、東山動物園のイケメンゴリラ・シャバーニがカッコいいとか。 でもこちらのゴリラもなかなかです。 2000年8月犬山の日本モンキーセンターで、ゴリラが檻から抜け出し来園者に怪我を追わせるという事故が起きました。以来年…

自分がいつ死ぬか知っていながら知らないふりをするということ

毎朝の楽しみ「あさが来た」 後半に入ってからは決算セールのように馴染み深い登場人物が次々と亡くなっていきます。終了まであと1週間の今、気になるのが、みなさんもご同感と存じますが、新次郎さんですね。 意味深な演出が連発し、もしや、まさか、いやい…

ダメで元々はマイナスにはならない。スタート地点に戻るだけ、とはいうものの

ずっとずっと前に「古畑任三郎」に、イチローが本人役で、しかも犯人役として出演しました。まだマリナーズで現役バリバリの頃です。 あの時は驚いたと同時に、めっちゃ楽しみでワクワクしながら見た記憶があります。すごいキャスティングです。 古畑任三郎F…

アルファ碁の次に見てみたいのは、人工知能vs総合診療医ドクターGだ

チェスに(ディープブルー)にクイズ(ワトソン)に、そしてついに囲碁(アルファ碁)ときましたか。 その分野ではスゴイことなんだろうけれど、そんなに驚くことでも恐怖を感じることでもありません。 なぜなら、自分は囲碁もチェスもやらないし、その世界…

東北に親戚も知り合いもいない身として3.11にできることはせめて数字から想像することだけかもしれない

地元中日新聞の場合、毎月10日前後の朝刊に掲載されています。 気づいた去年の11月からの切り抜きを改めて見てました。 死亡者数は、この5ヶ月で1名増えています。 不明者は、6名減っています。 5年経って不明者が減るってどういうことなんでしょう。行方…