読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危険な「生ハムと焼うどん」

生ハムと焼うどんは、美味しいけれど50過ぎのおじさんには刺激が強すぎます。 衣装、作詞作曲、ステージでの寸劇台本、グッズ制作販売、ライブ出演、すべてを自分たちでプロデュースする女子高生アイドルユニット名が「生ハムと焼うどん」なのです。 namaudo…

ガチャピンが消えた?!なんて騒いでいたけど確信犯でしょ

「確信犯」というのは、本来ならば<自分の行動の“道徳的・宗教的あるいは政治的な正しさを確信して”なされる犯罪のこと>らしいのですが、今では<結果を予想した上で行動を起こしたとしか思えない行為あるいは人>を言うのが一般的ですね。 後者の意味での…

知恵袋を覗くと虚構と現実の境目がわからなくなるのはどうして?あ、そうか

世の中には親切な人が多いんだな、と思う。 それは電車内で席を譲る人を見かけた時でも、障害者の方をヘルプしている人を見かけた時でも、保護者が来るまで迷子を見守る人を見かけた時でもありません。 それは、こんな質問に真摯に応えている人を見かけた時…

なんだって校歌になってしまうとは。fromデイリーポータルZ

マンションの広告では「住む」ことを「住まう」といい、公園に隣接していることを「寄り添う」といい、毎日のどうってことない生活は「上質の価値を紡ぐ」なんて言って、みな必死で笑えるマンション用語をひねり出してる。 ここまで来たら誰も「変だ」「おか…

うpなんて可愛いもの。ブランド名こそなんとかして

ウエブ上でよく見かける単語だけど、なんて読んでいいのかも意味も知らなかったのが、これ。 「うp」 ずっと「うぴー」かな、と読んでたけど、「うぷ」らしいですね。 意味は、ファイルをサーバーにアップロードすることらしく、「UP」を日本語入力すると「…

「地震なんかないよ」はひょっとして地震じゃなくって

業界に入りたての頃からしばらくの間、企業ビデオのイメージシーンのひとつに街の風景なんてのがよくありました。 名古屋の場合、栄の交差点あたりで行き交う人たちの様子を撮影して、「時代とともに人々を見つめ豊かな明日を築いていきます」なんて当たり障…