読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホント、「オジさんが占拠(選挙)しちゃうぞ!」〜漠然とした不安と戦え!

あっちゃ~これはいけない。子供がこんな心配をするなんて、いやいや子供にこんな心配をさせてしまうなんて、大人として恥ずかしい。
 
戦後70年の今年、中日新聞に「平和の俳句」という一句が毎日掲載されています。
5月5日のこどもの日に選ばれた一句がこれ。
 

www.chunichi.co.jp

 
小学5年生の句だそうです。10歳の彼はこう言っています。
 
「テレビを見ていると戦争が起きるかもしれないとか東海大地震が起きるとか、消費税が上がるとか大変な話ばかり」と。
 
 
 
10歳の世界は家庭と学校と徒歩数分の範囲ぐらいのもので、心配事といえば宿題やいじめやゲームの腕前あたりがリアルだったんだけど、この時代そうも言ってられない。
 
そりゃあ毎日、リストラだ生活保護だ災害だ殺人だシンギュラリティだと不安のタネが飛び込んできたら、じわじわと「けわしい予感」がジャブのように効いてくるわね。
 
 
 
自分たちが半ズボンを履いていた頃夢見た未来は、なんか明るかった。
明るさの正体はわからずとも【漠然とした希望】があった。
 
時代は時間軸にそって成長を続け、今日よりも明日、1年後よりも10年後のほうがきっと明るくなっている、と信じていた。
「未来はいろいろあるねたのしいね」だった。
 
 
 
ところがどっこい。いま世界(というか日本?)を覆っているのは、子供に「未来はねいろいろあるよけわしいね」と言わしめてしまう【漠然とした不安】
 
確かに、技術は進歩し、新しいテクノロジーが次々と生まれ、コンピュータもスマホもなかったあの頃にはもう戻れない、と誰もが思っている。
こんなにも成長しているのに、どうして【漠然とした不安】を感じているんだろう。
 
 
 
10歳の子どもだけじゃなくって、15歳から29歳の若者の3人に2人(64.4%)が自分の将来が不安を感じているというデータもあります。
でもドキッとしたのは、それ以上に「日本の将来に対する不安」が高かったことです。77.3%が日本の将来を案じています。就職や仕事やお金ってのはわかるけど、20代女子の場合、27歳を超えるあたりから「老後の生活」への不安がぐーんと増しています。
 

dentsu-ho.com

 

 

松村嘉浩「なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?」によると、

人口減少。モノに対する欲望の飽和。若者よりも高齢者庇護(未来への投資よりも今の年寄りのための政治)。かつてのような経済成長が期待できないのに昔と同じ方程式で経済成長させようという政策。

などなどこれらに【漠然とした不安】の要因があると説いています。

 

なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?
 

 

 

進撃の巨人」人気はその投影だとも言っています。「進撃の巨人」からセリフを引用しています。

 

一生壁の中から出られなくても…飯くって寝てれば生きていけるよ…でも…それじゃ…まるで家畜じゃないか?〟〝たしかに、この壁の中は未来永劫安全だと信じきっている人は、どうかと思うよ。一〇〇年壁が壊されなかったからといって、今日壊されない保証なんか、どこにもないのに…〟今は良いけれど自分たちが戦ってもまったく歯が立たない巨人のような何かが襲ってくるのではないのか? といった《漠然とした不安》 

 

最近賑やかしいのは、人工知能ビッグデータに基づいた新しい技術や製品のニュース。

医学だって進歩し寿命だってこの先どんどん伸びてきそう。

 

一見明るそーには見えるけれど、その光が巨大なほど反面【漠然とした不安】という影の不気味さを感じちゃう。

影に不安を感じるのは、誰しもが明るい光の恩恵にあずかることができるわけじゃない、って無意識に分かっているからかも。

いくら医学が進歩しても、お金がなくちゃ受けられなくて切り捨てられるし、コンピュータ(プログラム)やロボットだってもっともっと賢くなったら、仕事も奪われちゃう。からね。

 

 

まあ、そんなこんなが【漠然とした不安】を引き起こしてるんでしょうね。

 

【漠然】はイコール【空気】みたいなもんで、ちょっとした隙間からじわ〜と漂ってくるから10歳の子供にだって届いちゃう。

 

しかし、自分が子供の頃は人口ってどんどん増えていくもんだ、と思っていた。でも今じゃあ確実に減っていくのが疑いもなく、ただ減っていくんじゃなくって高齢者が増えていくから問題だ。

 

総務省×鷹の爪団の選挙マナーキャンペーンの例のコピー。

 

f:id:ume_tubu:20150507192406p:plain

f:id:ume_tubu:20150507192414p:plain

youtu.be

 

これだよこれ。今のままだったら政治家は投票してくれる年寄りの方しか見てないし、どうしたって若者政策はないがしろになっちゃう。

 

ヤバイよキミたち。

どっちかというと自分はまだギリギリ年金分恩恵が得られる世代だから、下の世代がこれからヤバくなるってわかってても「しーナイショナイショ」と既得権益を守ろうと思えば守れちゃうんだけど、いいのそれで。漠然のままでいいの。漠然の正体に気づいている若者や子供はとっくに動いてるよ。

 

ホント、オジさんが占拠(選挙)しちゃうぞ!」

 

 

だれだっけ誰かは忘れたけど、こんなこと聞いたことある。

 

未来を予測する最良の方法は、自分で未来を創りだすことだ

 

子どもたちに未来を案じさせないのが、そんな日本であるといいな。

 


人気ブログランキングへ