読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知恵袋を覗くと虚構と現実の境目がわからなくなるのはどうして?あ、そうか

世の中には親切な人が多いんだな、と思う。

それは電車内で席を譲る人を見かけた時でも、障害者の方をヘルプしている人を見かけた時でも、保護者が来るまで迷子を見守る人を見かけた時でもありません。

 

それは、こんな質問に真摯に応えている人を見かけた時に感じます。

 

高校野球を乗り切ればそれ以降の人生で辛い事があっても大概乗り切れますか?」

 

「今日髪を切ったんですけどその時思ったことがあって僕がいつも行くところで毎回のように前髪のもみあげのすぐ横のとこの髪だけ短くされるんですよ。それってなんかいい効果でもあるんですか?」

 

「Mを押すと0になります。どうすればMになおりますか?」

 

「いざ鎌倉」と「いざキャバクラ」の違いを教えて下さい。

 

「どうすれば王様になれますか?」

 

「扇風機で歯を磨くことはできますか?」

 

「食パンマンの顔は何枚きりなんですか?」

 

「当方28でルックスは中の下です。今から人生リセットして幸せになれると思いますか?」

 

 

まだまだいっぱいありました。そう、Yahoo知恵袋です。

次々と読んでたら、頭がクラクラしてきました。ネタですか?マジですか?考えたら頭がグワングワンしてきました。

 

どうしたらこんな質問を思いつき、どうしたらこんな質問に真剣に答えようと思うのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

あ、そうか、知恵袋に聞いてみればいいんだ。

 

 

 

森鴎外の『知恵袋』 (講談社学術文庫)

森鴎外の『知恵袋』 (講談社学術文庫)

 

 


人気ブログランキングへ