読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローンチ?なんだそれ?煙幕系コトバの取り扱いには気をつけましょう

企画をローンチ サービスをローンチ プロジェクトをローンチ

 

とか、なんだか最近「ローンチ」なんて言葉をよく聞くんだけど、アレはいったいなんだ。

 

調べてみたら、矢の発射や船の進水を意味する英語の launchから派生した語らしい。

 

ロケットランチャーとかコンピュータでのランチャーもそれらしく、それならば今までも聞いたことあるけど、なぜいま突然「ローンチ」流行り?

 

実際の発音は「ラ」に近いのか「ロ」に近いのか知りませんが、今まで「立ち上げる」「開始」「スタート」とシンプルに表現していたことをなぜに「ローンチ」と表現するようになったのか。摩訶不思議。これもまた「意識高い系」の人々の策略なのか。 

 

こういう言葉が太字赤文字でところどころ登場してくるパワーポイントによる企画書は、以下の使用上の注意をよく読んでご活用ください。

 

1,不明なカタカナ語に対しては、分かったふりして聞き流さず問いかけましょう。単なるカッコつけでの使用かどうか、現象に惑わされずじっくりと本質を見極めましょう

 

2,もしあなたが英語に堪能ならば、なぜ「ラ」でなく「ロ」と発音するのか、「ラーンチ」ではなぜ駄目なのか問いただしましょう。

 

3、決裁を仰ぐため、昭和生まれの上司に代わってプレゼンする場合、ローンチなど該当する用語を再チェックし、相手に合わせた言葉に置き換えておくことをおすすめします。

 

4,ローンチなる言葉が含まれている企画書には、他にも煙幕系ワードが多数含まれているケースが高い確率でありえます。すべてを普段お使いの日本語に翻訳しながら通覧することをおすすめします。

 

5,ノマドブルーオーシャン、ウエブ2.0、AISAS、SOHO、Free戦略などと同様に、使用期限を過ぎての使用は重篤な副作用を及ぼす恐れがあります。一切の責任を負いかねます。

 

 

 

その男、意識高い系。DVD-BOX

その男、意識高い系。DVD-BOX

 

 

 



人気ブログランキングへ