読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本出身力士っていったいなんだ

相撲のことそんなにというか全然詳しくなくって間違ってたらごめんなさい、と最初にエクスキューズしておいてああだこうだの話になりますが、例えばJリーグのステージみたいなものを「場所」と呼ぶのだとすると、相撲の場合ステージは、年に5回も6回もあってその度に優勝者が生まれると。ここまであってます?
 
 
で、今回琴奨菊という人が優勝したそうでおめでとうございます。日本出身力士としては10年ぶりだそうでこれまたおめでとうございます。
 
 
でもなんだか違和感が。日本人力士じゃなくて日本出身力士ってなに?
 
 
どうやら4年前に優勝した旭天鵬という人は日本国籍を持っているけれどモンゴル出身で日本出身じゃないから残念でした今回のスバラシイ10年ぶりのなかには含みません、ってことらしいですね。
 
日本人力士で計算すると4年ぶりだからありがたみがないから、出身としたわけですか。
なるほどお見事な論理。こういうのをなんていうの、屁理屈?詭弁?
 
でも、誰が?あえてこんな肩書を作ったの?こんな肩書き付きでなければ快挙を祝えないの?ややこし。
報道側もどうやら日本出身力士と統一しているようなので、安易に発表側に従った、と勘ぐったりもしたくなります。
 
 
 
なんだろ、島国単一民族としては純血以外認めにくい認めたくないって意識がやはりどこか根強いんだろうか。
純粋に日本出身日本国籍力士の快挙を称えるためには、日本国籍だけじゃダメで、ンじゃあどうする?って、どういう言い方にする?てことを長老たちが集まってなんとか会議で決めたとすると、なんか悲しい虚しい寂しい見苦しい。
 
 
 
国籍か出身か純かハーフか。
の問題はこれからどんどん増えてくると思うんです。
 
日本生まれで日本国籍で、でも「脅威の身体能力」とか「野性味あふれる」とかで評されるハーフの選手がもうすでに日本のスポーツ界で日本代表として活躍しているわけですから。
 
鈴木武蔵オナイウ阿道、オコエ瑠偉にサニブラウン、名前は完璧日本名だけど女子テニスの大坂なおみやバレーボールの宮部藍梨もハーフなわけですから、こうした人たちが、例えばオリンピックで金メダル獲った時どう扱うんですか。
またそのとき、なんだかんだと新しい表現が生まれたりして。どうだか。
 

 

ハーフが美人なんて妄想ですから! !  - 困った「純ジャパ」との闘いの日々 (中公新書ラクレ)

ハーフが美人なんて妄想ですから! ! - 困った「純ジャパ」との闘いの日々 (中公新書ラクレ)

 

 

 

戸籍と国籍の近現代史―民族・血統・日本人

戸籍と国籍の近現代史―民族・血統・日本人